推移律コンテ#2

製作・脚本・監督:奇妙フイルム/チャイヨー

撮影:鳩飼マイケル

 

絶望+天気=日常

生活+希望=風船

 


推移律コンテ#2

ナカトミプラザと都庁舎

イッピカイエー。

都会のビルが盛大に爆発する映画が好きだった。

ボディカウントが追いつかないほど主人公が愛用拳銃ベレッタF92でガンガン人を撃ちまくる映画ばかり観ていた。

その最高峰。

プライベートなのに拳銃所持したまま飛行機でNYからLAへ移動してきた刑事。

偶然テロ現場(本当は強盗だったが)居合わせた刑事。

裸足でバンバン敵を撃ち殺すのに飽き足らずエレベーターシャフトにC4プラスティック爆弾を括りつけた椅子を放り投げてよろこぶ刑事。

ビルの屋上が大爆発して人があんなにいっぱい死んだ(ほぼ彼が殺した)のに奥さんとリムジンの後部座席でキスしながら去っていく刑事。

彼の名前はジョン・マクレーン。最高の映画だ。

ダイ・ハード』。時は1989年。劇場で興奮したものだ。

あれから30年近くが経つ。

 

正月三が日にテレビで「都庁爆破」なるテレビドラマを見てしまった。

都庁がテロに乗っ取られ爆発した。正月からなんて景気がいいのだろう。

それなのにほとんど地上に影響がない。

高層階と地上では時間軸がずれているのだろうか。しかしそんな説明は一切なかった。

主人公の娘がテロリストに人質になってしまう(本当にテロだったというひねりのなさ)。

そこに意地悪家族も人質になっていたため娘がさらなる危険にさらされる。

物語上娘を危険にさらしたいなら後出しジャンケン(説明もなくそこにいた意地悪家族)ではない別の方法があったはずだ。

いや。考え直そう。人間は保身のためなら何だって・・・とか。そういう説教がしたかったのだろう。大人だね。

そもそもアメリカ諜報機関CIAのエージェントとアメリカに恨みを持ったテロリストが日本人という体たらく。

いや。うがった見方だ。東京五輪も近いし日本人を印象づけたかったのかもしれない。日本人ファーストというべきか。

それにそのCIAとテロリストが兄弟だったという驚愕の事実。これは正直驚いた。違う意味で。

トラウマによって元自衛隊爆弾処理班の主人公の手が震えるのも本人の都合ではなくシチュエーションによりけりというさじ加減。

主人公が最後に解除する毒ガス装置のデザインの幼稚さと今時色付きの配線のどっちらを切ればいいんだ問題を恥ずかしげもなく披露する度胸には感服した。

主人公とコンビを組んだ日系CIAが主人公の胸ポケットのスマホを狙ってベレッタF92(9ミリ弾)を撃って死んだふりさせるがふつう死ぬよ。


What Happens If You Shoot an iPhone 6?


Which Phone is More Bulletproof? Samsung Galaxy vs iPhone

・・・ほら。

屋上に連れていかれた人質の安否も不明瞭のまま放置。

 

ダイ・ハード』がやりたかったのかもしれないがあの映画の肝は「本当はテロリストじゃなくてただの強盗だった」というトンチオチだったのに。

まじめだね。

 

そして最後、装置を処理した主人公と人の死を目撃した娘が(きっと本来阿鼻叫喚地獄絵図であるはずの)地上に降りてきてこういった。

「おなかすいたね」

そうのたまって楽しそうに仲良く帰っていく。放送中ずっと脳みそが痺れつづけていた矢先の出来事。

 

ジョン・マクレーンと同じ行動なのに主人公とその娘がサイコパスに見えるのは時代なのか。

 

 

 

 

 

 

 

まんが道

藤子不二雄の自伝的漫画『まんが道』は愛読書だった。

愛蔵版の分厚い本の頁を何度も捲った。

なかでもコンビがプレッシャーに負けて連載を放り出してしまうエピソードはスリリングだった。

やがてすべての出版社に見限られ挫折を味わったあと再起するカタルシス

コンビで仕事をする人間関係の歪の描写は少々緩いかもしれない。

それでも現代ほどエンターテインメントやメディアが繁栄していなかった当時からすれば余計な情報がないぶんより同じ目的に向かう意志はより強固だったと考えられる。

クリエイティブとはなんたるかをさして理解できない。

しかし『まんが道』はビジネスとなってしまった現実とアイディアを生む苦悩から逃れられないジレンマと戦う漫画家の物語として描き切っていたと思う。

 

バクマン。』の漫画は読んでいない。映画はいまさらながらNETFRIXで鑑賞した。

漫画家とその原作者を目指す高校生それぞれの動機。漫画家は叔父さんが漫画家でその姿がかっこよかったから。原作者は絵が描けないし売れたいからとか。

純粋に漫画が好きだから。漫画を描きたい衝動が溢れている。ようにはとても見えない。

物語の肝である連載を落としそうになる理由が病気って。過去に叔父さんが病気で連載を落とすのを伏線としているがそのチョイスはどうだろう。

なぜか高校生活と両立している(居眠り程度で漫画家との二足の草鞋が可能なら両立といえる)。

バクマン。』は夢見ていた漫画連載がビジネスとなった現実と毎週アイディアを生む苦悩から逃れられないジレンマと戦う漫画家について一切の描写が存在しない。

ただ目立っていたのは漫画連載とライバルとの競争をCG描写で格闘技のように演出した程度だ(しかも長くて後半恥ずかしくなってくるのは少年誌原作だからか)。

ヒロインの存在価値は論外。

 

唯一本棚の背表紙でエンドクレジットを表現したのは素晴らしい。

 

 

愛蔵版 まんが道 (第1巻)

愛蔵版 まんが道 (第1巻)

 

 

 

 

 

 

ドラマ『まんが道』の主題歌

 


竹本孝之 hold your last chance

 

 

 

 

 

 

推移律コンテ1

奇妙フイルム「推移律コンテ1」

製作・監督・構成:奇妙フイルム

 


推移律コンテ1

マンチェスター・バイ・ザ・シー

劇中で女性の尻をズボンのベルトで打つ。

別の女性の首を殺すために絞める。

保身のために殺人を厭わない。

主人公の保安官・ルーは衝動で人を傷つけ殺す。

暴力的で厭な場面をアクセントとする映画。

俺の中にいる殺し屋というタイトル。

キラー・インサイド・ミー」は殺人衝動を押さえられない秩序が主人公。

という矛盾を抱えて保身に走るが破滅の道を行く滅法面白い映画だった。

主人公の目が印象だった。虚無なのにバイタリティがみなぎっている。

 

マンチェスター・バイ・ザ・シー」は気まずさで成り立っている映画だった。

会話のない気まずさ。

余計な一言の気まずさ。

再会の気まずさ。

理解し合っているのに気まずい。

愛し合っているのに気まずい。

ただそこにいるだけで気まずさが漂う。

 

10分に一回ペースで起こる荒唐無稽な銃撃戦や爆発よりも同じペースで起こる対人との気まずい空気のほうがよっぽど暴力的だ。

贖罪だけで生きる主人公・リーを「キラー・インサイド・ミー」と同じケイシー・アフレックが演じている。

物語の設定もキャラクターの感情表現もまったくの別人格なのだがたたずまいは同一人物だと感じた。

同じくケイシー・アフレックの主演作品「ゴーン・ベイビー・ゴーン」では頭脳明晰な私立探偵を演じていてまったく別のキャラクターだったがやはり同一人物だった。

彼が演技貧乏で「何を演じてもキムタク」タイプでなくキャラクターを自分に寄せることができる役者なのだと確信した。

 

ちなみに浅野忠信も同種と推測する。

彼がヤクザを演じた「殺し屋1」と刑事役であるテレビドラマ「刑事ゆがみ」は同一人物だろう。

 

だた残念なのは今作でアカデミー賞主演男優賞を獲ってしまったために大作ばかりに出演しこのような地味な映画に出演しなくなってしまうかもしれない。

 

 

 

 

キラー・インサイド・ミー [Blu-ray]

キラー・インサイド・ミー [Blu-ray]

 

 

 

ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]

ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]

 

 

 

 

殺し屋1 特別プレミアム版<初回限定パッケージ> [DVD]