寓話のままでお願いします

漫画はほとんど読まないが唯一新刊を楽しみにしている漫画がザ・ファブルだ。

数年前出版元の講談社ザ・ファブルの実写化を打診しに行ったことがある。ここには書けないがとある俳優を想定して企画書を持って行った。

ファブルは顔が肝だと思った。漫画では特に表情のない目が印象的だ。くりっと二重まなこでは表現できないと考えた。

コミックの帯に映画化決定の告知でファブル役の俳優を見たとき集客はもちろんだがアクションができることも想定しているのだと思った。だがザ・ファブルの実写化はアクション映画になるはずがない。と思ったが凡庸なアクション映画になっていた。

原作でも警察がまったく介入しないがそれはファブルが秘密裏に仕事をするからで実写版のオープニングの大銃撃戦(あの意味ないグラフィック最悪)や最後のヒロイン奪還シーン(現代のごみ処理場の構造ってあんな感じなのか)のばかみたいな多勢スタントでは「劇中の世界には警察不在なの?」「そうかこの映画はファンタジーなんだな」としか考えられない。

ところどろこ原作を踏襲しているギャグシーンもすべて笑えない。ただしギャグシーンとして撮影していないなら謝りたい。

冗長なアクションシーンのせいで尺の関係上端折った原作での大事なエピソードであるファブルと若頭(カンパニーって)との関係やヒロインがデリヘル嬢にされるまで追い詰められる(あんなことやこんなことしなければならないからヒロイン役の女優には無理だけど)苦悩は薄っぺら。もしかして監視カメラを見破るエピソードを無くしたのも相棒の女役の女優に着替えシーンとかさせられないからバッサリとか。まさかね。

細かいこと言えば原作でファブルが描いたイラストが劇中でも登場するが原作で描かれていないオリジナルのイラストはまったく別の人間が描いているとしか思えないほど種類が変わっていた。そういうのって監督とか気にならないのかな。主演俳優に実際描いてもらうか原作者に依頼すればいいのに。

 

 

漫画はすこぶる面白いのに。

ザ・ファブル(20) (ヤンマガKCスペシャル)

ザ・ファブル(20) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者:南 勝久
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: コミック
 

 

 

 

十徳男

期待はあった。そもそも『キャストアウェイ』や『流されて』『蠅の王』などの無人島漂流サバイヴはジャンル的に好物だ。

無人島に流された若者が偶然流れ着いた死体を「十徳ナイフ」のように用いて生き残るサバイバル映画だと思っていた。

鑑賞後まったく別次元の感想を持った。

スイス・アーミー・マン』。

タイトルは完全なミスリードだった。

オープニングの小さな無人島は主人公の孤立した現状を表現した。

死体を見つけてから大きな島に流れ着くのは心にゆとりができた現れだろうか。

実際は現場は無人島でも孤島でもなくストーカーしていた好きな女の自宅の崖下の川辺で当てつけのように自殺しようとしていた主人公が偶然流れついた死体と戯れていたという話。完全なるサイコパス映画。

なのにどうして鑑賞後は腑に落ちてしまったのだろう。

人前で屁さえできない内向的な主人公が逮捕された時の人前での全力放屁。

劇中すべて妄想だったはずの死体のくだらない放屁ギャグに対して願えば叶う的感動に仕上げ「ようとし」た監督のピュアなアプローチ。

正直。死体がしゃべりはじめて間もなく途中退場か途中爆睡かもという不安が襲ってくる。と同時にどういう着地をするか淡い期待も湧き出る。

もとを正せばサイコパスによるパラノイドだから何やってもいいじゃんなはずなのに。

なのだが見終わったあとオープニングで海に浮遊していた数々の手書きメッセージは彼の必死な社会に対するSOS信号だったことがわかる。

そして小さな無人島での自殺未遂は主人公がひとりで社会に取り残された現実をこれみよがしにわかりやすく表現していたという事実。

コミュ障による苦悩からやがて一方通行の恋や父親との確執に着地点を見いだせた孤独な男のハッピーエンディングでまさに腑に落ちたのだ。

 

自分はとある創作準備にどんずまりつづけていた。脚本が先に進まずにいた。

これでいいのか本当に。これまでの経験では観たこともない構成を拙い脚本に落とし込もうとしていた。

ところがこの「十徳男」のおかげで自分は間違っていなかったという確信が持てた。

 なんだ現実では俺を助けているじゃん。素晴らしい。

 

 

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド [Blu-ray]

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド [Blu-ray]

 

 ポールダノといったらやっぱりこれでしょう。

 

 

 

 いいね。十徳ナイフ。

 

流されて… HDリマスター版 [DVD]

流されて… HDリマスター版 [DVD]

 

 いやらしい。子供ながらに思った。素晴らしエロし。

 

 

 

XXX RATED Original PV "LOUD MINORITY"

これまで様々なジャンルの映像(企業PV・映画・TVCM)を企画・製作・制作・配給・プロデュース・演出・構成しきた「奇妙フィルム」では多少のお金なら損しても出し惜しみはせんという屈強なクライアントを募集しております。

以下HP

https://kjseriousjoke.wixsite.com/mysite

 

ちなみに最近のお仕事です。

下北沢にある素敵ショップ「PRANK Weird Store」からの新レーベル「XXX RATED」Original PVです。

店主によるとアップした瞬時に来客が増えたとか減ったとか。

 

www.youtube.com

タランティーノ版NBK希望

90年代中盤タランティーノが登場した衝撃。映画を観るこころづもりが変わった。『パルプフィクション』『レザボアドックス』『ジャッキーブラウン』。わざわざロスに『ジャッキーブラウン』ロケ地巡りするほどはまる。だからタランティーノ脚本作品ももれなく鑑賞した。トニースコット監督『トゥルーロマンス』(まったく。パトリシアアークエットのキュートさよ)。ロバートロドリゲス監督『フロムダスクティルドーン』。どちらも好きで何度も劇場に足を運んだ。

ところが『ナチュラルボーンキラーズ』。オリバーストーンはタランティーノ色を自分色に塗りつぶして当時流行っていた(といっても出遅れ感のある)MTV的映像ガチャガチャごちゃごちゃ感を丸出しにして社会派センチメンタルをふわっと上乗せした駄作(大好きなレイジとかそれっぽく音源使うなコラ)。頼むからタランティーノ本人でリメイクして欲しい。無いとは思うが。

 

脚本で飯を食ってる当時プロデューサーに登場人物の言動に対する「根拠」について何度もダメ出しされ推敲を重ねた記憶がある。自分的には「根拠などなくても理解できない言動が登場人物にはあるはず」だと抵抗したが結局「根拠のない根拠」が必ずフィクションである登場人物には必須なのだという境地にたどり着いた。物語を進めるうえで実際それが正しい。

男女の三角関係があるとする。その女はふたりの男を同時に愛している(と女はモノローグでのたまう)。男たちも疑いなく根拠がわかならない女を手放しで分け合う(だからといってBLでもないらしい)。その三角関係を理解できないまま物語をしれっと進める。エンディングの頃はその関係がより深まったようだ(ということをすべてモノローグで説明)。『野蛮なやつら/SAVAGES』(日本公開は2013年なのでNETFLIXで鑑賞)。オリバーストーン監督作品。やはり画面はガチャガチャごちゃごちゃ。理解不能な女が敵に拉致され男たちは必死に奪還作戦を練る。ひどい。ひどいついでに銃撃戦でみんな死んでしまい「まあそういう感じなのね」と思ったらモノローグが「これは違って」と逆再生して「南の島でわたしたちいまでも愛し合っています」という別ハッピーエンディング。

ふと思う。これって語り手である女の虚言を見せられたというちょっと怖い話なのかと。ちがうか。オリバーストーンってとんちきかない作家だから。

最後まで観れたのはベニチオデルトロとジョントラボルタのおかげ。

どうでもいいが『FDTD』以外のロバートロドリゲス全作品はまったく好きになれない。だって語り口がぺらっぺら。

 

 

 

 

 

 

 

 パトリシアの声。