まんが道

藤子不二雄の自伝的漫画『まんが道』は愛読書だった。

愛蔵版の分厚い本の頁を何度も捲った。

なかでもコンビがプレッシャーに負けて連載を放り出してしまうエピソードはスリリングだった。

やがてすべての出版社に見限られ挫折を味わったあと再起するカタルシス

コンビで仕事をする人間関係の歪の描写は少々緩いかもしれない。

それでも現代ほどエンターテインメントやメディアが繁栄していなかった当時からすれば余計な情報がないぶんより同じ目的に向かう意志はより強固だったと考えられる。

クリエイティブとはなんたるかをさして理解できない。

しかし『まんが道』はビジネスとなってしまった現実とアイディアを生む苦悩から逃れられないジレンマと戦う漫画家の物語として描き切っていたと思う。

 

バクマン。』の漫画は読んでいない。映画はいまさらながらNETFRIXで鑑賞した。

漫画家とその原作者を目指す高校生それぞれの動機。漫画家は叔父さんが漫画家でその姿がかっこよかったから。原作者は絵が描けないし売れたいからとか。

純粋に漫画が好きだから。漫画を描きたい衝動が溢れている。ようにはとても見えない。

物語の肝である連載を落としそうになる理由が病気って。過去に叔父さんが病気で連載を落とすのを伏線としているがそのチョイスはどうだろう。

なぜか高校生活と両立している(居眠り程度で漫画家との二足の草鞋が可能なら両立といえる)。

バクマン。』は夢見ていた漫画連載がビジネスとなった現実と毎週アイディアを生む苦悩から逃れられないジレンマと戦う漫画家について一切の描写が存在しない。

ただ目立っていたのは漫画連載とライバルとの競争をCG描写で格闘技のように演出した程度だ(しかも長くて後半恥ずかしくなってくるのは少年誌原作だからか)。

ヒロインの存在価値は論外。

 

唯一本棚の背表紙でエンドクレジットを表現したのは素晴らしい。

 

 

愛蔵版 まんが道 (第1巻)

愛蔵版 まんが道 (第1巻)

 

 

 

 

 

 

ドラマ『まんが道』の主題歌

 


竹本孝之 hold your last chance

 

 

 

 

 

 

推移律コンテ1

奇妙フイルム「推移律コンテ1」

製作・監督・構成:奇妙フイルム

 


推移律コンテ1

マンチェスター・バイ・ザ・シー

劇中で女性の尻をズボンのベルトで打つ。

別の女性の首を殺すために絞める。

保身のために殺人を厭わない。

主人公の保安官・ルーは衝動で人を傷つけ殺す。

暴力的で厭な場面をアクセントとする映画。

俺の中にいる殺し屋というタイトル。

キラー・インサイド・ミー」は殺人衝動を押さえられない秩序が主人公。

という矛盾を抱えて保身に走るが破滅の道を行く滅法面白い映画だった。

主人公の目が印象だった。虚無なのにバイタリティがみなぎっている。

 

マンチェスター・バイ・ザ・シー」は気まずさで成り立っている映画だった。

会話のない気まずさ。

余計な一言の気まずさ。

再会の気まずさ。

理解し合っているのに気まずい。

愛し合っているのに気まずい。

ただそこにいるだけで気まずさが漂う。

 

10分に一回ペースで起こる荒唐無稽な銃撃戦や爆発よりも同じペースで起こる対人との気まずい空気のほうがよっぽど暴力的だ。

贖罪だけで生きる主人公・リーを「キラー・インサイド・ミー」と同じケイシー・アフレックが演じている。

物語の設定もキャラクターの感情表現もまったくの別人格なのだがたたずまいは同一人物だと感じた。

同じくケイシー・アフレックの主演作品「ゴーン・ベイビー・ゴーン」では頭脳明晰な私立探偵を演じていてまったく別のキャラクターだったがやはり同一人物だった。

彼が演技貧乏で「何を演じてもキムタク」タイプでなくキャラクターを自分に寄せることができる役者なのだと確信した。

 

ちなみに浅野忠信も同種と推測する。

彼がヤクザを演じた「殺し屋1」と刑事役であるテレビドラマ「刑事ゆがみ」は同一人物だろう。

 

だた残念なのは今作でアカデミー賞主演男優賞を獲ってしまったために大作ばかりに出演しこのような地味な映画に出演しなくなってしまうかもしれない。

 

 

 

 

キラー・インサイド・ミー [Blu-ray]

キラー・インサイド・ミー [Blu-ray]

 

 

 

ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]

ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]

 

 

 

 

殺し屋1 特別プレミアム版<初回限定パッケージ> [DVD]
 

 

 

 

 

 

 

諸説イントラセレブラルソィル5

諸説イントラセレブラルソィル

作 奇妙フイルム

 

 

 

 

5.

小田急線S駅、乃至、C駅が最寄駅である都立K公園。桜の名所でも知られている。

春爛漫。

ソメイヨシノが狂い咲く樹下、ファミリーパークで多くの家族やカップルが花見を楽しんでいる。

手作り弁当と酒に合うツマミ。日曜日。晴天にも恵まれ、日ごろの行いがなんとやらかんとやら。

広大な芝生に寝転がるカップル、讃美歌の練習をする団体、フォークギター片手に熱唱する若者もいる。

平和の象徴である家族連れのまわりを駆け回る未来ある子供たちの笑い声。

どこからともなく「凡庸な平和」という声が聴こえたが、その場の誰も気がついていなかった。

そんな人間たちよりも何倍もの数のカラスが弁当やツマミを狙って狂い啼く。

このK公園は、年々カラスたちの数が増えていった。

公園の中央を流れている川に沿って植えられたコナラ群に生息するカラスの存在が多少気にはなるが、直接襲ってくるわけでもなく、人々は意識しながら意識しないよう努力する。

小学校でのクラスのいじめみたいなものだろう。無視する行為。ところがカラスはいじめる人間より数が多いのでいじめだと理解しない。そもそもカラスはいじめという概念がない。

東京都環境局発表による都内のカラスの生息数の推移は増加の一途を辿っている。

前年度に比べて六千増加。各所でカラスによる被害も増大。

賢い彼らは人間を恐れない。徒党を組んで自分たちの思い通りに行動する。

生きる知恵と知識、そして恐怖を植えつける術を知っている。

彼ら独自の倫理観と概念で彼ら以外の者たちを敵視する。

 

 

つづく

諸説イントラセレブラルソィル4

諸説イントラセレブラルソィル

作 奇妙フイルム

 

 

4.

三月が始まる頃、獣害のニュースが立て続けに報道された。

関東・甲信越地方のあらゆる場所で、熊が町に下りて人を襲った。

本来なら、本州に棲息するニホンツキノワグマは人を食料としない。

襲われる場合のほとんどの原因は、人に対する恐怖からくる防御だ。

時折、興味津々の幼児のように玩具として弄ぶこともある。

だがある日、とある小さな町で人が食害された。

山間だがコンビニさえある栄えた町だ。

実際その熊は、目撃者によると、まるで戦利品のように人体の一部を咥えて山へと去っていった。

後に地元のハンターに射殺されたその熊の胃袋には人体の形跡はなかった。

マスコミは、自然破壊が原因だとか異常気象のせいだとか、まったくさっぱり頓痴気な意見を垂れ流していたが、とあるAMのラジオパーソナリティは、熊にだって考えがある。と、真っ当な意見を述べていた。

結果的にはツキノワグマによる人身事故と片付けられた。

同じころ、五十頭をゆうに越える猪の大集団が田畑を荒らし、芽吹いたばかりの作物を摘み取るように食べ、鹿が車道へ、まるで自殺でもするかのように飛び出して、車と衝突事故を巻き起こしていった。

猪は家族以外と群れないし、鹿は臆病だ。どうして彼らがそんなことをするのか。

その通り。

猪には猪の、鹿には鹿の考えがあるからだろう。

さらに補足すると、変わらぬものなどなにもない。恥じらいもなくかっこつけて言えばだが。

 

 

 

つづく

諸説イントラセレブラルソィル3

諸説イントラセレブラルソィル

作:奇妙フイルム

 

 

 

3.

バンカー・パレスホテルでは、四季の割合を決める会議が行われていた。
出席者は、春担当の柊氏、夏担当の桜井氏、秋担当の葉月氏、そして彼らのなかでもっとも体格のいい冬担当の綜馬氏の四名である。
バンカー・パレスホテルの二十二階「季節の間」はバンケットとしては小規模だが、
日本固有種である樹齢百二十年の唐松を職人によって手作業で伐採された切り株が円卓として中央に鎮座しているから圧巻だ。
四人は円卓にバランスよく座らない。前年の割合を円グラフにしたような位置に座るのだ。
二十世紀が終わるまでは、大まかには春二割、夏三割、秋二割、冬三割(2:3:2:3)といった具合だった。
地球温暖化だからといって、葉月氏の季節を短くしていくのって、芸がないよね」
開口一番、綜馬氏が円卓の中心に盛られた色とりどりのマカロンをつぎつぎに頬張りながら言った。
まるで綜馬氏の担当する季節の期間はここ百年間ずっと変わららないといった口ぶりだ。
「今年も一対五対一対三のくらいの割合で行こうよ」
柊氏と葉月氏が使えるテーブルのスペースは狭く、桜井氏は円卓のほぼ半分を使用できる。
柊氏と葉月氏はラップトップパソコンを置いたら、コーヒーカップを置くスペースさえままならない。
カップが少しでも桜井氏のエリアをまたぐと、神経質そうなメガネの奥の瞳がぎろりと光るのである。
カロンはフランスの代表菓子だと思われているが、実際はイタリアが発祥だとあまり知られていない。
綜馬氏などは、どこの国のお菓子なのかも知らない。そもそも興味ないからだ。
「マカロンって、どんなに食べてもものたりないよね」綜馬氏は言ってから、緑色のマカロンを口に放り込んだ。

「とどのつまりは、綜馬氏は保身のためだけに葉月氏を出しにしているだけだろ」厳密に言えば最も期間が短い柊氏が咳込むように言った。
ちなみに柊氏は口の中の水分を全部持っていかれるマカロンが嫌いだ。
カロンを旨そうに喰らう綜馬氏の存在も気に入らない。
「綜馬氏こそ、日本人から嫌われているじゃないですか」
「季節がね、季節として」と葉月氏が小声で捕捉した。
「日本人は寒いのが苦手なだけで、僕のおかげでさまざまなご利益があるんですよ」綜馬氏は青色のマカロンを口に入れた。「お鍋は美味しいし、恋人たちだって寄り添えるじゃないですか。桜井氏だって好かれているとはいえ、過剰な接待がたたって、老人が熱中症で亡くなったり、北極の氷が溶けたりして。あなたは不審がられていますよ」
「気温ね、気温がね」と葉月氏は捕捉する。
「今シーズンは、サプライズも含めて、春夏秋冬をきっちり四分割しますか」と柊氏が言った。
「三月から五月が春、六月から八月が夏、九月から十一月が秋、十二月から二月が冬でキッチリ四分割でもいいのかもしれないな。僕も譲歩しますよ」綜馬氏が言った。
「いいですね。春は芽吹いて過ごしやすい気温で、湿度もほどよい時期が三か月もつづくなんて」と珍しく柊氏が綜馬氏に同調した。
「梅雨が一か月間あって、暑いのだけれど外で遊びたくなるような気温が二か月あって」と桜井氏。
「湿度も気温も下がって、旅行も食事をするのも楽しくて、紅葉が見られる期間が六週間以上つづいて」と葉月氏
「ぐっと寒くなるけど、春は三か月後に必ずやって来るから、寒さも気にならない。そんな一年間で行こうよ」綜馬氏は最後のマカロンを飲み込んで笑った。
「でもそれって普通のことですよね」と葉月氏が捕捉した。

 

 

つづく