読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の名は・・・

エンディング・・・

いい腕だ。君の名は?

マーフィー。

からのタイトル。

高らかに鳴るメインテーマ。

そしてエンドロール。

 

脳がしびれた。とはこのことだ。

 

きっかけはその造形だった。

美術系の高校へと進学希望だった自分はあのメタルボディのフォルムに惚れてしまった。

予告編と映画雑誌であつめた情報を脳内でフル拡大。

流線型のイカしたデザイン。太ももから拳銃のギミック。

興奮をおさえながら劇場へ。

ところがである。

 

大画面で繰り広げられる主人公の八つ裂き描写。(腕がモゲたときはたまげた)

改造されて目覚めてからの主観映像。社会風刺CM。ED209重役射殺。犯人股間破壊。ボディがボロボロに壊れていく。工場銃撃戦。オート9による3バースト。コブラ砲。アン・ルイス!ドロドロでヨチヨチからのビチャ!

そしてエンディングでの「(振り返り)マーフィー(にやり)」である。

 

結果その存在はただのグロテスクな鉄の塊であった。

劇中ややあってヘルメットを脱ぐと主人公の素顔がふたたび現れる。なのに見てはいけないものを見てしまった背徳感しかしない。

悲劇で陰惨。だからどんなに活躍しようと事件を解決しようとすこしもカッコよく見えない。

四面楚歌となりのちに理解者を得ても孤独な機械。

本名を名乗る最後だって自我を忘れないための強がりだ。

 

なのにこのカタルシス。

 

 いい映画だ。題名は?

ロボコップ』。

むろん1987年版だ。