読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩にゆくものへの祈り4

屍の戯言

 

 

 

 

 

彼女はときどき笑顔で踊りだした

 

彼女はうれしくなると踊りたくなるようだ

 

彼女はうれしくなると自分を傷つけたくなるようだ

 

彼女はかなしくなると笑顔になるようだ

 

彼女はたのしいことがあるとさみしくなるようだ

 

彼女はさみしくなるとたのしくなるようだ

 

彼女には彼女を愛する家族がいた

 

彼女にはやさしいボーイフレンドがいた

 

彼女を慕う男性がいて彼女を妬む女友達もいる

 

彼女はなにもほしくなかった

 

だから笑顔で踊るのだといった

 

だから生きたくないといった