読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四季の死期・・・

『ボラッド』は現実世界で狂気じみたフェイクがアンモラルを手土産にリアルなモラルを破壊するドキュメンタリーだった。

 

フェイクが現実を凌駕するさまを延々とスクリーンに映し出し観る者を圧倒する。

偽善の暴露。

無知識の露呈。

大人のチ●コが人前で露出。

 

昨今ドキュメンタリーには完全なドキュメンタリーなど存在しないといわれている。

演出や編集が介入する時点でフィクションであると認識するようになった。

 

知り合いにテレビのドキュメンタリーを演出する現場ディレクターがいて実際ノンフィクションなど存在しないといいきった。

 

だがボラッドは完全なドキュメンタリーなのだ。

はじめからこれはフィクションですといいながら現実をドキュメントする。

 

『シーズンズ 』は真逆だった。

ネイチャードキュメンタリーと銘打って公開した映画。

自分は大自然のきびしい環境で動物が右往左往する映像が好物なので観ることにした。

四季折々の圧倒的な自然。

自然界を生きる動物たち。

奇跡のカメラワーク。

 

微妙なナレーション・スキルの女優と笑福亭の軽妙な語りは許容範囲。

 

が。

あれれ人間が出てきたぞ。それも原始人。

予備知識なく観はじめたため勝手に現代の動物界のドキュメントだと思いこんでいた。

サブタイトルの「2万年の地球旅行」を見逃していた。

二万年前の地球からはじまって現代の地球になる際に人間が平地の森を伐採し動物たちが山へと追いやられて生活が困難になったんだぞ人間どもゆるさん。

だけどがんばって共存していこうね。という作り手のエゴの押し売り映画だった。

途中でエコロジーな説教がはじまるのも不快だった。

最終的には動物たちも人間をゆるしているんだ的な頭の悪い構成となっていた。

 

中盤を過ぎたころ完全に人間と動物が演出どおり競演している。

それもドキュメンタリーの体をなしたまま。

 

気のせいだろうか。自然の風景がセットに見えてくる。

動物たちがプロダクションに所属している俳優に見えてくる。

 

伝説のドキュメンタリー映画『ゆきゆきて、神軍』で奥崎謙三はカメラがまわっているときだけテンションをあげていたという。いわばカメラの前で演じていた。ディレクターの期待に答えるために。

 

矛盾を承知でいう。

完全なドキュメンタリーなど存在しない。

あえてフィクションをドキュメンタリーに放りこむと完全なドキュメンタリーとなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきゆきて、神軍 [DVD]

ゆきゆきて、神軍 [DVD]