読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡の女性・・・

『WONDER WOMAN』の予告篇をなんどもリピート再生。

『MADMAX FURYRORD』の予告篇以来。

本来アメコミ映画に興味ないのに。

 

たしかに『アイアンマン』は構成の巧みさにしびれた。

わざわざストーリー展開を箱書きに起こしたほどに。

ダークナイト』はジョーカーの思想にしか興味がない。

アベンジャーズ』はいろんなキャラクターによるコントにしか見えない。敵もあってないものだし。

要はなにも残らない。

バットマンvスーパーマン』は様々な戦いが矢継ぎ早につづくが抑揚なく平坦だ。メインであるバットマンとスーパーマンの対決でさえもただただ時間が過ぎているという感覚。

目の前でどんなに街が破壊されようとばかでかいモンスターが暴れようとも目からレーザービームが出ようとも感情に訴えて来るものはない。

話題になったワンダーウーマンだってしかり。この時点でこのキャラクター必要なのかという思い。男ふたりで解決しろよ。

 

それなのに『WONDER WOMAN』の予告篇は期待できる。

 

第一次世界大戦下が舞台(らしい)。

近代戦争黎明期に変なコスプレした女が暴れまわる。

ばかみたいだけどとっても素敵。

 

美しい浜辺で墜落した(らしい)飛行機乗りを助ける神話の女神みたいなワンダーウーマン。その飛行機乗りに恋してしまった(らしい)ワンダーウーマン。諜報部員的活動をする(たぶん)ワンダーウーマン。完全な違和感がそこにいる非現実的な格好で兵士たちをばったばったとなぎ倒すワンダーウーマン。このときに腰で敵の銃をまっぷたつにするカットでうなった。

とにかくあたまがわるそうでとってもカッコいいのだ。

途中でアマゾネスみたいな仲間たちが馬に乗って登場して剣をふりまわす。そのあと第一次世界大戦当時の町並みでワンダーウーマンが金色の鞭をふりまわす。

西部戦線とおもわれる塹壕から地上にあがるワンダーウーマンの凛々しい姿(ここは必見)。そこから攻撃されて丸い縦で身を守るワンダーウーマンのやっぱりばかみたいなのにかっこいい姿。

 

ガル・ガドットの美人力もあるだろうがあのコスプレで1910年代に存在するばかみたい感はたまらなく正しいと思う。

 

キューブリックの『突撃!』やスピルバーグの『戦火の馬』にワンダーウーマンが突然登場するようなもんだ。

 

だからといって本編が面白いとはかぎらない。

観に行くけど。

 

 

 

 


Wonder Woman – Comic-Con Trailer - Official Warner Bros. UK

 

 

 

突撃 [DVD]

突撃 [DVD]

 

 

 

戦火の馬 ブルーレイ(2枚組) [Blu-ray]

戦火の馬 ブルーレイ(2枚組) [Blu-ray]