読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諸説イントラセレブラルソィル5

諸説イントラセレブラルソィル

作 奇妙フイルム

 

 

 

 

5.

小田急線S駅、乃至、C駅が最寄駅である都立K公園。桜の名所でも知られている。

春爛漫。

ソメイヨシノが狂い咲く樹下、ファミリーパークで多くの家族やカップルが花見を楽しんでいる。

手作り弁当と酒に合うツマミ。日曜日。晴天にも恵まれ、日ごろの行いがなんとやらかんとやら。

広大な芝生に寝転がるカップル、讃美歌の練習をする団体、フォークギター片手に熱唱する若者もいる。

平和の象徴である家族連れのまわりを駆け回る未来ある子供たちの笑い声。

どこからともなく「凡庸な平和」という声が聴こえたが、その場の誰も気がついていなかった。

そんな人間たちよりも何倍もの数のカラスが弁当やツマミを狙って狂い啼く。

このK公園は、年々カラスたちの数が増えていった。

公園の中央を流れている川に沿って植えられたコナラ群に生息するカラスの存在が多少気にはなるが、直接襲ってくるわけでもなく、人々は意識しながら意識しないよう努力する。

小学校でのクラスのいじめみたいなものだろう。無視する行為。ところがカラスはいじめる人間より数が多いのでいじめだと理解しない。そもそもカラスはいじめという概念がない。

東京都環境局発表による都内のカラスの生息数の推移は増加の一途を辿っている。

前年度に比べて六千増加。各所でカラスによる被害も増大。

賢い彼らは人間を恐れない。徒党を組んで自分たちの思い通りに行動する。

生きる知恵と知識、そして恐怖を植えつける術を知っている。

彼ら独自の倫理観と概念で彼ら以外の者たちを敵視する。

 

 

つづく